カウンセラー紹介

心理カウンセリングを利用するときにとても大切なことは、お客さまとカウンセラーの相性です。
同じカウンセリングを提供しているカウンセラーであっても、その内容や進め方にはカウンセラーの考え方や、人柄、体験、生き方などが顕著に現われます。ですから自分に合ったカウンセラーを選ぶことはとても大切なのです。

青山こころセラピー事務所では、ご予約いただく際にお客さまにカウンセラーを選んでいただくことができます。またカウンセリングごとにカウンセラーを変更してご利用いただくこともできます。
カウンセラーについてご質問は、お気軽にお問い合わせください。

カウンセラー紹介(50音順)

青山 慎太郎

1972年愛知県生まれ
中央労働災害防止協会認定THP指導者(心理相談員)
一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー
米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト
米国教育学会(AERA)・米国心理学会(APA)・
全米教育測定協議会(NCME)心理検査Level B有資格者

調理師、製菓衛生士(パティシエ)の資格を持ち、大手ファミリーレストランや、テーマパークなどでスタッフ教育を担当。 企業における能力開発や人材教育、カウンセリングなどの豊富な実績に加え、離婚、借金、倒産などの実体験をもとに、催眠療法をベースとした総合的な癒しを行います。
愛と奉仕の精神でひとりひとりに合わせたやさしく丁寧なカウンセリングを行い、クライアントさんが自分らしさを取り戻して、その人らしい生き方や実り多き人生を手にできるように心がけています。

尾形 徳子

1961年東京都生まれ
公認心理師
中央労働災害防止協会認定THP指導者(心理相談員)
一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー
米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト
NLPマスタープラクティショナー

内向的で臆病な青年期を送る。 家庭環境・恋愛・結婚生活・子育てなどで挫折を味わううちに心理学に出会う。 心理療法を学ぶ中、カウンセリングを重ね、人生に無駄な体験などないと思えるようになることで、自分を大切にし、生きやすくなることに気づく。
ふたりで旅をするように、同じ方向を向き、感情も含めてあなたと体験をシェアしていきます。 ときに後戻りをすることがあっても、ペースを合わせて一緒に歩きます。 あなたが辿り着きたい所を共に探し、そしてそこへ到達するお手伝いをしていきます。 出会ったご縁を大切にするカウンセリングを心がけています。

小田 智恵

1973年神奈川県生まれ
一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー
米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト
NLPマスタープラクティショナー
NPO法人日本カウンセリング普及協会認定心理カウンセラー
NPO法人日本カウンセリング普及協会認定アートセラピスト
NPO法人日本カウンセリング普及協会認定インナーチャイルドファシリテーター

製造業、卸売業の某外資系企業経理部に20年所属し、部下の育成に従事している中、近年、社内や社会で増加傾向にあるうつの現状に目を向け、心理学の勉強を始める。
幼少期は亭主関白でお酒が入ると母親に暴力を振るう父親に怯え、高校生の時に母、妹と家を出る。 そんな家庭環境下でも、悩みを楽観的に捉え、常に前向きな性格を自己分析し、両親からの愛情を十分に受けていた事を実感し感謝する。
人々の幸せに喜びを感じ、一人でも多くの人と関わり寄り添って、クライアントさんが自分らしく楽しく生きられるよう、心の奥に潜む問題を一緒に見つけ、解決への一歩を共に踏み出していきたいと考えています。

樫津 典世

1965年神奈川県生まれ
中央労働災害防止協会認定THP指導者(心理相談員)
一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー
米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト

学校でのイジメ、権威的な父親への反発、親の無関心等から、対人恐怖や自己否定が強くなり、無意識に否定的な感情を抑圧し、無気力、無感動、無関心となり生きている実感を喪失する。
そんな時に催眠療法と出会い、潜在意識に眠っている様々な気持ちに気づき、自身の心が癒されていく経験をする。
また辛くてどうしようもないとき、こころが折れそうなときに、思いを誰かに聴いてもらうことで、こころが楽になり、悩みが変化してゆくことを体感する。
その後催眠療法や心理療法に興味を持ち知識と技術を習得。クライアントさんの気持ちに寄り添いながらその人に合わせた癒しを行います。
クライアントさんが安心して本来の自分を取り戻せるカウンセリングを心がけています。

柏木 乃惟

1992年東京都生まれ
公益財団法人日本心理学会認定心理士
一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー

高校時代不登校になるが、スクールカウンセラーに相談することで心が救われたことから、カウンセリングの大切さを実感する。 大学では心理学を専攻、子どもの心の成長や、保護者に対するメンタルヘルスに興味を持ち、大学在学中から幼稚園で保育補助を行い、実社会での就業を通じて学びを深める。
止まってしまった時間が長くても、また必ず動かすことはできます。一緒に歩いたり立ち止まったりしながら考えていくことで新たな一歩を踏み出してみませんか。
心の調子が悪くなると、自分一人ではなかなか回復できないと感じています。 日常的な悩みも身近な人には話しにくいことがあるかと思います。 何事も一人で抱え込まずに、どんな些細なことでも気軽にご相談ください。

小林 友子

1957年大阪府生まれ
NPO法人キャリア・コンサルタント協議会認定キャリアコンサルタント
NPO法人日本キャリア開発協会認定CDA
(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
日本カウンセリング学会認定カウンセラー
上智大学カウンセリング研究所認定カウンセラー

家庭の事情で転校が多い学生生活を送る。 いつの間にか大人の顔色や、まわりの友達に嫌われないように気を遣い、なかなか自分を表現することができず、常に孤独感の中で生きるようになる。
大人になり会社でのいじめ、子育ての悩み、保護者間のトラブル、ストレスによる病気など、常に人間関係から生じる悩みを抱えた生活を送っていたが、カウンセリングと出会い、学びを通して自分自身と向き合うことで心が癒されていく体験をする。
家族の事、日々の生活の中のこと、仕事場の人間関係や転機、何か話せることからゆっくりお話してみませんか。 あなたの体験を通した内なる声を聴くことで、自身の心と素直に向き合うことが出来るカウンセリングを心がけています。

畠中 直美

1972年東京都生まれ
一般社団法人日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー
NPO法人日本カウンセリング普及協会認定心理カウンセラー

離婚後、新たな人生をスタートさせるきっかけを求めてアメリカに1年留学。そこで出会った様々な人の話を聞き、心理学やカウンセリングについて学び始める。
心理学とカウンセリングを学び、カウンセリングを受けることで、自分では気づかないうちにストレスを溜めていたり、こころに様々な規制を抱えていることを知り、今の自分自身を大切にすることで、より生きやすくなることに気づく。
こころの声に耳を傾け、より良い人生を送るためのお手伝いをさせていただきたいと考えています。