Home » 催眠療法について

催眠療法について

催眠療法はカウンセリングで使われる手法の中のひとつです。 一般的なカウンセリングとは進め方が違いますが、根拠のある優れた心理療法として、アメリカでは米国医師会が催眠療法を承認しています。

催眠療法とは、セラピストはクライアントを催眠状態に誘導し、潜在意識に働きかけることで、無くしたいけれどもなかなか無くならない習慣を、数回のセッションで気にならないようにすることができる療法です。
しかし多くの人々が催眠に対して誤った認識をしています。
例えば、催眠をかけられると意識を失ったままセラピストにコントロールされてしまうとか、個人の秘密を暴かれてしまうとか、一連の恐怖感を抱いてしまうのです。 それは催眠が長い歴史がありながら、科学的な目を向けられなかった事にあるからかもしれません。
 
催眠療法はセラピストの権威主義的なものではなく、クライアントには暗示を受け入れるかどうかの選択が自由であります。
もっと簡単に言うと、意識はあります。そしてセラピストに操られるという事は全くありません。言いたくない事を言うのか、それとも言わないのかの選択はクライアントの意思で決まるのです。
 
催眠療法は、一般的な心理療法ではどうしても解決されない心のトラブルを催眠暗示によって直接潜在意識に働きかけて解決していくセラピーなのです。

催眠療法への誘い

こんな方に催眠療法をお勧めします。

リラクセーション

催眠で緊張を緩和させることで、心身をスッキリさせることができます。

暗示

催眠状態から潜在意識に暗示することで、願望を実現させやすくなります。

年齢退行催眠

心の中に隠れている恐怖や悲しみを癒していくことで、これからの人生を変えていきます。

青山こころセラピー事務所 東京カウンセリングルームのご案内

青山こころセラピー事務所 東京カウンセリングルーム
東京都港区赤坂四丁目13番5号 赤坂オフィスハイツB2F
TEL 03-6277-8892
【最寄り駅】 東京メトロ赤坂駅より徒歩5分・東京メトロ赤坂見附駅より徒歩8分
【開設時間】 午前9時〜午後7時(最終カウンセリング開始時間:午後7時)
【定休日】 第三日曜日

催眠療法について
催眠療法について
催眠療法への誘い
リラクセーション
暗示
年齢退行催眠

ページトップへ